施策キーワードの選定

検索で上位にランクインする

企業サイトの検索エンジンでの順位を上げることは、より多くの方にアクセスしてもらうためにはとても重要なことです。
しかし、検索結果で上位に表示されるためには特定のキーワードで上位にランクインすることが必要となります。
そのことを踏まえた上でサイト内でのキーワード選定をすることが大切です。

検索エンジンでは特定のキーワードを入力して、そのキーワードが含まれている良質なコンテンツが検索上位に表示される仕組みとなっています。
したがって、キーワードを選定するということは、コンテンツの内容を考えることでもあるのです。
検索エンジンを利用する方は何らかの情報を調べようとしており、それに対して適切なコンテンツを提供できるサイトが評価されます。

したがって、コンテンツは情報の受け手が探し求めているものであり、有益な内容を含んでいることが重要なのです。
ユーザーが求めているものを把握して、その上でキーワードを考えるようにしましょう。
ユーザーが情報を探すときに使いそうなキーワードを考えて、それをサイト内で使うことが大切です。

キーワードの注意点

サイト内にたくさんのキーワードが含まれていれば、そのキーワードで検索エンジンを利用する方が見つけてくれる可能性は高くなります。
しかし、あくまでもサイトのテーマに関連したものであることが重要です。
さらに質の高いコンテンツを作り出さなければいけません。

キーワードを考える際には競合他社のサイトを参考にすると良いでしょう。
同じようなテーマに関する商品やサービスを扱っているサイトを見て、どのようなサイト構成となっており、どんなキーワードやコンテンツが含まれているのかを確認するのです。
そして、自社サイトに反映できそうなものがあれば積極的に取り入れるべきでしょう。

サイト内では表記の揺れが起きたり、同義語を使ってしまわないようにしましょう。
統一的な表記をすることによって、ユーザーが混乱するのを防ぐことができます。
基本的にキーワードは一般的な語から選ぶべきでしょう。

誰も使わないような言葉を用いたとしても、そもそもそのキーワードを誰も検索しない可能性が高いです。
ユーザー層に合わせて業界用語や専門用語を使用しましょう。
対象ユーザーがよく使うと思われる用語を選択するべきです。

ユーザーの使用頻度が高いと思われるようなものを選ぶようにしましょう。
そうすることによって、多くのユーザーが検索するキーワードによって上位にランクインしやすくなります。
常にユーザーの立場になって考えることが重要なのです。

キーワードについて考えることは、SEO対策の基本となります。
サイト作成において特に重要視するべきことです。