ウェブマスターツールの活用

データを得て活用

Googleはさまざまなサービスを提供しているのですがその一つがウェブマスターツールです。
これは無料のツールであり、これに登録することによって、SEO対策に大きく役立てることができます。
色々な機能がついており、さまざまなデータを集めることができるのが特徴となっています。

まず、ウェブマスターツールによってクローラーに自サイトへアクセスしてもらい、インデックスを促進してもらうことができます。
検索クエリを調べることも可能です。
また、検索クエリからどれくらいの数のクリックがあったかも分かります。

どのページにアクセスが多く集まっていて、特にどんなキーワードからのアクセスが多いのかが把握できます。
サイトに外部からどのようなリンクが集まっているのか、また内部リンクの状態についても確認できます。
このように色々なデータを得ることができて、そのデータをSEO対策に活用することが可能なのです。

ウェブマスターツールを活用する

サイト作成の際には必ずウェブマスターツールに登録しましょう。
登録することによって、Googleから色々な連絡が届くようになります。
たとえば、ペナルティを受けた場合にはそのことが連絡されるようになります。

また、Googleが登録サイトをどのように評価しているのかを教えてくれます。
クロールの統計情報を確認することができて、クロールされている回数が多ければそれだけGoogleが高くそのサイトを評価していることが分かるのです。
ウェブマスターツールの登録は簡単に行うことができます。

サイトに何らかの問題が生じた時にはウェブマスターツールにメッセージが届けられます。
したがって、ウェブマスターツールは定期的に確認するべきでしょう。
メッセージには色々な問題点や注意点などが書かれているため、その内容にしたがってサイトを改善することが大切です。

地域ターゲットを関連付けることができるため、意図する地域があるならば利用しましょう。
もしアドレスを変更することになったならば、きちんとウェブマスターツールに連絡をしましょう。
インデックスを更新してもらい、新しいURLを反映してもらえば、これまで通りウェブマスターツールの機能を活用できます。

クロールで頻繁にエラーが生じている場合にはサイトに何らかの問題のある可能性が高いです。
エラーにきちんと対処することによって、サイトの問題を改善することができて、顧客の損失を防げます。

サイトマップがあるならばきちんとウェブマスターツールに投稿しておきましょう。
HTMLの状態のレポートをしてくれるため、これはとても有用な情報となります。
このようにウェブマスターツールはとても役に立つものです。